PXL_20220312_020056272.MP.jpg
最近の読書は中山七里さんにハマり今もまだハマっていますが、直近の読書は坂木司さんの『和菓子のアン』です。シリーズになっていて『アンと青春』『アンと愛情』と続きます。
デパ地下の和菓子屋さんが舞台なのですが、読んでいるうちに和菓子が食べたくなってしかたありませんでした。1冊目読了後、地元にデパートがないので、地元の和菓子屋さんでさくら餅とわらび餅と生菓子を購入。さっそく右下の生菓子をいただきました。薄緑の外側と中の黄色とその下にはあんこが包まれています。みんな違う味です。そしてあっという間に舌の上で溶けてなくなってしまいました。さくら餅は桜が散る頃まで作られるそうです。