topimage.png

出窓 一覧

28日は3人の稽古

  • 出窓
5月28日(土)くすのき30周年の稽古です。くすのき3人で稽古します。新しく舞台装置を作ったので「ツェねずみ」の稽古が中心です。

  • 出窓
昨日今日と汗をかく気温となりました。外出にはとりあえず帽子と水筒。セリフ覚えの帰りに、冷やし中華を買いました。

ねずみ捕り物帳

  • 出窓
今日のブログかなり長くなります。

昔、高塩家には猫が2匹おりました。猫がいたので家にはネズミの存在はなし。外からネズミをよく取ってきていました。その猫も他界、家も築30年を過ぎました。甥っ子が住んでた頃から1階の天井裏では時折動物の走る音が聞こえてきましたが「部屋の中じゃないから、いいか」と鷹揚に構えていました。だが、しかし、ここ何日か、台所と居間にネズミの痕跡がある。ネズミ捕りを買いに行かなねばと思っていた矢先、起き抜けに母の声「ドアがかじられて、神棚の水がひっくり返ってる!」行くと、まあ猫もしないだろうくらいにドアの木が齧られめくれていました。昨日用心のため、居間のドアはきっちりと閉めて寝たのでした。そのため、ネズミは台所と居間しか移動できなかったはず。「神棚まで荒らして、罰が当たるぞ!」
その罰なのかどうか、ふと台所の窓を見ると、ネズミが窓と網戸の間に挟まってる。えっ!?反射的に窓をしめようとするとネズミも慌てて出ようとする。うまい具合に窓を閉めるタイミングでネズミの頭が挟まり圧死(たぶん頭蓋骨陥没したと思う)それでも私は窓から手を放さず力をいれたまま。

母の行動がすばらしい。外から水をかける。約30分後、今度はお湯「大丈夫、お湯でも動かないから」

さて、大掃除となりました。ネズミさまさまで、台所の家具の裏を徹底掃除。頭の良いネズミだったようで、空き箱の中に赤トウガラシを2本ちゃんと保管していました。いざという時のために置いてあったのかもしれません。ゴマ、ご飯、チョコレートも好きだったようです。ついでに賞味期限切れになってた品々も捨てる事が出来ました。2時間後、大掃除終了。捕り物のネズミは頭からシッポの先までで32センチありました。

週末は坊っちゃん

  • 出窓
ありがたいことに1日1日が充実しております。毎日違う事をやっています。いつの日かこれが自分の血となり肉となると信じて、明日からは坊っちゃんの稽古をやります。

明日は手話

  • 出窓
明日は午前中、手話サークル。午後は品川に行って手話教室。少しずつですが、また手話を使う習慣が戻ってきました。

初日は雨

  • 出窓
これから甲府に行きます。あいにくの雨ですが、甲府に着くころには上がっているかもしれません。それでは行って来ます。

大学の授業開始

  • 出窓
明日からH30年度の大学の授業が始まります。2つ科目を担当。1つ目が明日から7月末まで。2つ目が9月~11月までです。今年もどんな学生さん達に出会えるのか楽しみです。

春の庭

  • 出窓
DSC_0395.JPG
DSC_0398.JPG
DSC_0397.JPG

明日は

  • 出窓
「だだ~んだんだんだんご虫」「おっきょちゃんとかっぱ」の稽古です。風企画として未就学児に観てもらいます。久し振りの「だんご虫」子供達に楽しんでもらえるようおばさんは頑張ります。

週末

  • 出窓
このごろ休みなく仕事しています。私の仕事は外での仕事のほかに自分だけでやらねばならない仕事があるので、週末はそれにあてています。すると「あれっ、休みがないっ!」という事に気づきました。1日くらいは何もしないでぼーっとする日があるといいなぁと思います。次のまるまるの休みはいつになるのだろか。

このページの上部へ

プロフィール

演劇企画「くすのき」は1988年(昭和63年)に、大多和勇、あきなんし、高塩景子の三人で結成。語り芝居という表現方法で宮沢賢治、夏目漱石、説経節作品を上演。2015年7月東京都国立市に劇団事務所移転。代表高塩景子

サイト内検索