topimage.png

出窓 一覧

三味線

  • 出窓
長唄の師匠からいただいた形見の三味線。2月のバレンタインデーに竿が折れて、真っ青になって、三味線やさんに修繕をお願いしました。なんと最速で、今日戻って来ました。お稽古しよう。

着々と準備

  • 出窓
くすのき春の公演のDM作業をしました。3月に入ったら、チラシをまきます。くすのきHPでの公演情報UPはもう少しお待ちください。

ねずみのお宿

  • 出窓
ミニ・キエーロと言って市の清掃課がおススメしている生ごみを土に戻す容器があります。もう何年も使用しています。今朝も、昨日の残り物を土に戻そうとフタを開けると、ねずみが寝床に使用した形跡があります。ちょうど一匹分、土のくぼみがありました。以前、もっと大きなねずみが使用した時は、ミニ・キエーロの外にも土がこぼれていました。今回のは小さいねずみらしい。土の中で発酵するので温床になっています。ねずみも防寒しています。
4月5日(金)~7日(日)まで、長野県松本市の信濃ギャラリーで「24時間演劇創作ワークショップ」を行います。企画・運営はアルプス乙女ユニオンズ。今のところ、参加者は長野県内限定らしいです。
5日(金)には「夢十夜」の第一夜の「本読み・立ち稽古」のワークを予定しています。
何人、来て頂けるでしょうか?

花開く

  • 出窓
いつのまにか、梅だけでなく沈丁花やクリスマスローズ、なんと桜まで。調べてみたら「ジンダイアケボノ」という品種らしいです。国立の桜もソメイヨシノだけではございません。街が桜色に染まるのを楽しみに。

雨やまないかな?

  • 出窓
巷では3連休の初日です。が、高塩、午前中は仕事でした。午後は書類提出に事務所に行き、そのあと買い物するのですが、まだ雨がやみません。やむまで読書をしよう。

4月公演の準備開始

  • 出窓
昨日は大多和の稽古でした。4月公演のチラシ、はがきも渡せました。DM作業も行いました。3月に入ると色々な事が動き始めます。ゆっくり、焦らず始めたいと思います。

雛飾り②

  • 出窓

1000000232.jpg
昨年の昨日は母が背骨を圧迫骨折しているのがわかった日でした。1年経ち、背骨の骨もくっついて、今年はこのように手作りお雛様を作製できるくらいまでになりました。せっせと作っては雛段に追加しています。
さて、昨日の写真とビミョーに違うところがあります。
お暇な人は、追加されたお雛様も含め、何が増えたのか、何が移動しているのか、見つけてみて下さいね。

雛飾り

  • 出窓
1000000231.jpg
今年も飾りました。

確定申告提出

  • 出窓
スムーズに提出できましたが、やっぱり毎年、緊張いたします。これでまず1つは終わった。次は、とりあえず雛飾りの設置かな。

このページの上部へ

プロフィール

演劇企画「くすのき」は1988年(昭和63年)に、大多和勇、あきなんし、高塩景子の三人で結成。語り芝居という表現方法で宮沢賢治、夏目漱石、説経節作品を上演。2015年7月東京都国立市に劇団事務所移転。代表高塩景子

サイト内検索