topimage.png

猫の呟き 一覧

猫の呟き

暑い。とにかく暑い。夏の暑さに弱い私にとって、今年のように、猛暑日が連続する中での、五ヶ年計画への準備は、もう、どう表現すればよいのか。

とにかく、暑さとの、自分との戦いである。第一年目「かなの女・寿じゅ」台本は完成、セリフも九分九厘覚えた。後は十月からの立稽古で、練り、具体化する段階までには進める事が出来た。

第二年目「てハムレット」台本は完成、今日現在(七月二十二日)セリフ覚えの段階に入ったばかり。七十六才の私にとって、記憶力は難敵中の難敵。覚えたと思う側から忘れていく。暑さと、覚えの悪い自分に対する憎悪で、イライラ、イライラ。心身両面に渡って、今年の夏を、大いに不愉快にしている元凶の最たるもの。それにも関わらず、私は今日も机に向かう。一つ一つ、早目に準備しなければ、五年間の試みは計画倒れになってしまう。そう、今の私には、早目早目に準備する以外に、自分の状況に立ち打ち出来ないのだ。

自分では早目の心算つもりでも、客観的に判断すれば、たぶん遅い部類に入るだろう。やりたい事を、現実のものにする為には、自分と戦い、夢を、願望を、現実化する為の、一つ一つの働きを、まず、たゆまず、毎日続ける外に道はないと思う。

そして、五ヶ年計画の準備で余裕が出来た時間を「ことのみ」の若い人達にあてて、演劇、演技の基礎を、少しでも体験させてあげたいと思う。そう、「教師」になる事は、私の若い頃の夢。何かを自分のものにしたいと、一生懸命励んでいる若者と、共同作業をするのは、本当に楽しい事だ。第三年目「五重塔」第四年目「土神ときつね」そして、第五年目「吾輩は猫である」が、今日も私を待っている。目的がある事は楽しい。と同時にしんどい。だからこそ遣りがいがある。さて、今日も、少しでも目的に向かって、歩み出そう。

猫の呟き

来年から毎春一作品ずつ、一人芝居を上演する計画を立て、ホームページに出してもらった。変なもので公言すると責任が湧いてくる。途端に元気が出てくる。責任感、プレッシャーは創る上での大きな原動力なのであろう。その第一弾としてエウリピデス作のギリシャ悲劇『メデイア』と謡曲『(かな)()』とを基にした『(かな)()の女、()寿(じゅ)()』に取り掛っている。稽古台本は出来た。何とセリフも(ほぼ)覚えた。えっ、だって上演は来春なんでしょう。そう、上演は来春を予定している。しかし、ここからが大変。今日までの作業は土台の土台を作る作業。夫の心変わりの復讐の為に、我が子を殺す。何故。その心象風景を舞台上で表現する。それも一人舞台で。何を、どうすれば、それは可能なのか。その作業の為の土台の土台作りが一段落した。今日までの作業を報告すると、まあ、こんなところか。それにしても手書きとは、記憶する為には何と偉大な力を発揮する事か。多分四十五分ぐらいの舞台になると思うが、それを書いて、録音し、聞き、又書き直し、それを少なく見積っても十五回位はやったと思う。と、約十日間ぐらいの稽古でセリフは全部覚えられた。もしかしたら、便利でなく不便な方が、年を取った人間が演劇をする為には有利なのかも知れない。これが一段落したら(多分八月か九月頃から)次の作品『起てハムレット』に取り掛かるつもりである。とにかく予定の五年後(つまり八十一才まで)は自分の条件を考慮に入れつつ歩き続けよう。

猫の呟き

五月二十五~二十七日「ことのみ」という市民サークルから頼まれて、一日一ステージずつの「夢・マクベス」という芝居を演出した。市民サークルの創造についての諸々の課題を突き付けられた。

一、時間の制約。稽古は月一回、午前九時~午後五時までの八時間。上演間近になるとそれが二回、その上に自分達だけの自主稽古が週一回の割合で入ってくるそうだ。今回は、昨年三月から稽古が始まったので十五ヶ月間で三十二回。つまり平均すると月二回、十六時間の稽古という事になる。(その上に彼等だけの自主稽古が加算される)

それでも今回の一時間五十五分に構成されたシェイクスピア劇は長すぎた。開演してからの一時間はまあ順調に進行していく。私の演出も彼等に咀嚼されて違和感など感じさせない。が、一時間が経過した頃から、途端にテンポが悪くなる。アーティキレーションが悪くなり一本調子のセリフとなる。演出もどこかへすっとんでしまい、常日頃彼等が馴染み、得意とする演技に変化する。(彼等はそれぞれホームグラウンドとする市民劇団に属していて、それぞれの創造活動を続けている)人間、疲れてくるとチャレンジを諦めて、自分が安心でき、それなりに評価されている処へ、自分を確保するのだ。と、私の演出はどこかへ消えてなくなる。今の彼等の可能性を拡げ豊かにする為の勉強会の講師を頼まれている私の出しゃばりが空回りを始める・・・ああ、いつになっても大人になれない餓鬼の私が、そこに居る・・・

二・・・と書いて、「あれ?」と筆が動かなくなる。そう、一、が全て。後は大同小異、一、のバリエーションにすぎない。そう、体験してもらいたい事、チャレンジして自分の可能性、豊かさを広げ現実にする為の共同作業は沢山ある。しかし、それは彼等の現実の生活の中での創造作業。押し付けはだめ、空廻りしている自分は愚の骨頂。

今回の経験から沢山の事を学んで、彼らの為のもっとよい講師になりたいと思う。

 

前回までは「猫の呟き」の後に、その○○という回数を加えていましたが、今回からはそれを止めました。

これから後、どのくらい創造活動が出来るかわかりませんが、私の創造活動が続く限り、この「猫の呟き」も月一回のペースで続けていきたいと思っております。これからもよろしくお願いします。

人生を生きて、年をとり、さて、これからの限りある人生で、これだけは是非演ってみたいもの、作品はと問われた時、さて何を・・・。演りたいものは沢山ある。役者として、演出家として。が、しかし、これだけはと限定されると。限定する必要なんてない。これも一理ある。限定出来るものでもない。これも一理ある。

しかし何から始めるかという選択はする必要がある。しなければ事は始まらない。

そう、そこで前記の迷いが生じてくる。

若いときは、そんな迷いは無用だった。次から次へと演りたいものにぶつかっていった。そんな迷いとは別の毎日だった。しかしとうとう、そんな時がやって来たのだ。となると、一日一日がいとおしい、楽しい、面白い。そして、全て自分だけで決められない、きめるものでもないという当り前の事実に突き当たる。

そう、人生は一人では生きられない。支え、支えられ、努力し、助けられ、怒り、笑い、感動し、絶望し、コツコツと毎日を生きてきた。当面の仕事を一つ一つ大切に創りつつ、演りたいもの、演れるかもしれないものをリストアップして、後は時を待つ。そんな人生の時期を生きる年令になったのか。

「起てハムレット」第一稿が出来た。大学ノートで36ページ。かなりの分量だ。自分で書いて言うのも何だが面白い。が、原作のダイジェスト的な所が目立つ。もっともっとテーマを絞りこまないと可もなく不可もなしの舞台になってしまうだろう。時間と創造力をかけてじっくりと仕上げよう。焦りは禁物。

今治のラボパーティーに呼ばれて表現活動の講師に行って来ました。素直で、やる気のある子供達と母親達との二日間。久し振りで気分がすっきりした。こういう疲れなら何度でも味わいたい。

瀬戸内特産の魚の鮨を御馳走になり堪能。本物はやっぱり旨い。

二日居ない間に、朝運動をする公園の桜が今を盛りと咲き誇っている。何か凄いものを見せられた気分になった。

でも、疲れた。今日は休息日にしよう。

相変わらず「終活」の一環として、今まで手元に置いてある戯曲を読んでいる。五分の三くらいは整理、処分した。その一環として先日、私が今から四十年ぐらい前に書き、上演した事もある台本を読んだ。その頃、自分が考えていた事が強烈に蘇ってくる。その頃から今に至るまでチェーホフ、シェークスピア、岸田國士、別役実、つかこうへい、福田善之に多いに影響を受けていたんだという事がよく分かる。又、ベケット、ソーントンワイルダー、オールビーにも多大の影響を受けている。そして、それらの真似以外の何物でもないという台本がほとんどだ。しかし、その中に、たった三作品、これは残して置こうという台本があった。

一つは、音楽を聞きながら恋人を待っている女の下へ、一人の男が来て話しかける。女は無視する。男はナイフを突き付けて対話を迫る。女は驚きのあまりに対話を始める。男はそれが気に食わない。そして、女に上着を脱げと迫る。女は止むなく脱ぐ。と、女が反撃に出る。凶器を武器に要求を実現させるのはフェアーではない。男は、ならばとナイフを女に渡す。女はナイフを手に、男に命令する。男は従わない。女は男を刺す。そこに恋人が来る。女は下着。足下には男。女は恋人に弁明するが分ってもらえない。男は去る。と、刺された男が立ち上って「へへ、よく出来てるオモチャでしょ」で幕。オールビーの「動物園物語」の影響そのものであるが、「対話」が何故成立しないんだという自分の思いが色濃く出ている。

二つ目はチェーホフの「白鳥のうた」に同じくチェーホフの短編「すぐり」を取り入れた一人芝居。生きるって何だ、と真剣に考えていた、その頃の自分の考えを台本にしたもの。

三つ目は、女一人男二人の共同生活から自立して、慣れ合いでなく、独立した個人同士の人間関係を模索する台本。これも当時の私の心情を台本にしたもの。

自分の演劇の出発点として手元に残して置き、又いつの日か読み直してみよう。

その作業が終った二日後の早朝「そうだ、ハムレットの一人芝居を書き、出来たら上演しよう」と目が覚めた。「起てハムレット」という仮題も頭に浮び、さっそくその日から作業に入った。さて、出来上るのは、そう、二年はかかるだろう。そう、それを目標に楽しもう。

久し振りで、何十年振りかで福田善之『オッペケペ』『袴垂れはどこだ』『長い墓標の列』『遠くまで行くんだ』を読んだ。

人間は集団を組織し、強化し、強固なものにしていく事によって、生存競争に生き残り、勝ち、次から次へと可能性を現実のものにして、夢を現実化し、自分の活動範囲を個の人にとっては考える事も出来ない、大きくて、広いものにしていった。そう、人は人間に変化することによって現在を創り出したのだ。

素晴しい!美事だ!

しかし、その事によって、人は、個人は、沢山の我慢を強いられるようになった。これらの事を成し遂げる為には、集団、社会の強化がどうしても必要である。それは分かる。認める。その通りである。

しかし、個人の、私の人生は、たった一度である。そう、たった一度の人生なのだ。ならば、そのたった一度の人生を、どう生きるか。誰にも邪魔をされずに、思い切り、自分の生きたいように、やりたい事をやり切りたい。自分の条件の中で、その条件を少しでも広げて。

その為には一人では無理。そう、どうしても仲間が、友達が、集団が必要になる。となると、集団の必要、要請と自分の意欲、目的とをどう調和、調整していくのか。

二十一世紀の今日まで、それを美事にやりとげた所はまだ一つもない。その事は、はたして人間にとって可能なのか・・・

私はそれを望む、求める!

自分の原点であり、青春であり、目標でもあり、そして夢でもある、その事を忘れぬ為にも、これらの本は、これからの私の本箱に有り続ける事だろう。

猫の呟き その96

衰えというものは不思議なもので、ある時急に感じるようになる。

今年はたぶん、その「衰えを感じる時」であったのだと思う。秋を感じる頃から何だか心身共にすっきりせず、いやな感じ。

何げなしに血圧を計ってみると160から170台。もう年でもあるし、そろそろ薬を飲む事になったかと医者に診てもらい薬を飲むが、血圧は下がるどころか段々と上ってゆく。薬の量と種類も増えていくが11月中旬にはとうとう200台に。身体が火照り、心臓がドキドキして夜も眠れない。薬の量と種類を変えようやくこの頃は120台から140台に落ち着いた。夜もぐっすりと眠れるようになった。地に足が着いた感じ。

「そうか『お前もとうとう後期高齢者になったんだぞ、わかったな』という信号だったんだ。それが自分で納得したので、ようやく心身共に落ち着いたんだ。となると、この現実の中で、さて、自分の創造人生をどう創り続けていくか。修整するところは修整し、そのまま継続すべきところは継続し、新たに加えられるところは加え、豊かで、面白く、ドキドキする創造人生を、これからも創り続ける為に、一先ず立ち止まって、じっくりと自分を点検してみる事だ。そう、創りつつ、活動しつつ、点検を!」

今年もあとわずか。来年も稔り多き年でありますように。

猫の呟き その95

生まれて初めて、この年になって血圧を下げる薬を飲む事となった。
十月下旬頃から、何となく身体がすっきりとしないので、家にある血圧測定器で測ると160ぐらい。それが何日か続いた。(昨年は130ぐらいであった)医者に行くと「では、薬を飲んでみましょう。十日ぐらい飲んで又来て下さい。その結果で判断して、その後の方針を立てましょう」が、薬を飲んでも一向に下がらない。180を超えて、190台に。十日後に又医者に。「薬を倍にしてみましょう」しかし、それでも下がらない。それのみか身体が火照って眠る事さえ出来ない。八日後に又医者へ。「今までの薬を半分にして、追加の薬を飲んでみましょう。十日ぐらいたって又来て下さい」火照りは治まり、眠る事も可能となった。(しかし、仕事の前日は眠りは浅く、眠ったのだか、眠れてなかったのだか・・・)血圧も140台から160台にようやく落ち付いて来た。何日後かに又医者へ行く予定だ。さて、その後は・・・。
「後期高齢者医療保険証」を送られて来た私は、こうやって人生の最後を生きていく事となる。その現実をきちんと受け止めて、一日一日を「創造者」として、「創造活動者」として、楽しく、確実に過ごしたい。
戯曲を読む作業は「ギリシャ喜劇」を終り「ギリシャ悲劇」へと進んでいる。これが終れば、たぶん今年中には「現代日本戯曲選集」へと向かう事となろう。急がずに、楽しんで、ゆっくりと作業に励んでいる。

猫の呟き その94

相も変わらず「戯曲」を読んでいる。演劇を志してから心に残った物を本箱に入れてあるから、大変な量である。それを改めて読み直し、これからの演劇人生に必要な物だけを残し、後は整理して、これからどれだけ、残っているか分からぬ「演劇人生」(生きていく人生と同じ事もあるかも知れないが、多分こっちの方が短いだろう)を、より具体化する為に始めた作業である。(自分でも感心するが、大いに私らしい発想法、行動である)当り前の事であるが、いつ終るのか見当も付かぬ。(仕事、生活の合い間を縫ってやるのだから)そして面白い発見が沢山ある。「ああ、私はこの頃はこういう作品、舞台に感動してたんだ。こういう舞台に憧れていたんだ。こういう舞台を創りたかったんだ」という事が一目瞭然。そして、その変化。(つまり今との違い)

今日現在残った作家。

「チェーホフ」「シェイクスピア」(これは私の土台である)。

「森本薫」(華々しき一族、女の一生を通しての戯曲の基準の再確認)

「アルブーゾフ」(私のかわいそうなマラート、イルクーツク物語。演劇を始めた頃の私は、こんなにも素直に、単純に、人間を、人間の未来を信じていた事の確認。そして現在とのずれ。その為のもがき苦しみ)

「木下順二」(民話劇のシンプル、その美しさ)

「長谷川伸」(セリフのテンポ、見事さ)

「エドワード・オールビー」(今を演劇化した先人)

「ベケット」(同上)

「アーサー・ミラー」(同上)

「ソートン・ワイルダー」(わが町、今でも通用する新しさ)

さて、この作業、いつ一段落をむかえる事やら。次回をおたのしみに。

このページの上部へ

プロフィール

演劇企画「くすのき」は1988年(昭和63年)に、大多和勇、あきなんし、高塩景子の三人で結成。語り芝居という表現方法で宮沢賢治、夏目漱石、説経節作品を上演。2015年7月東京都国立市に劇団事務所移転。代表高塩景子

サイト内検索