topimage.png

猫の呟き 一覧

猫の呟き

「生きる」という事

坪内逍遙訳「シェークスピア全集」(新樹社)読了。

凄い。面白い。底の見えない巨大な創造作品。今の私よりもずっと若くしてこれを創った。昔の人は今の私達よりも人生は短くても太く生きた。これらの作品は二十代では二十代での面白さを、三十代では三十代での面白さを、そして八十代になって改めて向き合ってみると「ああっ、そうか!」「えっ、こんな面白い処を、読み飛ばしていたんだ!」「おや、何でここをカットして上演しちまったんだ!」「あらっ!おやっ!まあ!」の連続。それまでは何を読んでいたのだろう。でも、人生ってそんなものかも。そう、偉大な作品、偉大な作家の創造はどこまでいっても切りがないし、読み切れない。だから何百年も読み続けられるのだ。そんな大きな作品を、無謀にも自分の身の丈に合わせて見切ろうとする。それは結果として自分の成長を止めてしまう事だ。人生をいつまでも、最後まで楽しむには、生き続ける為には、謙虚に、飽きずに、倦まずに、その日その時を大切にして、稽古、稽古、稽古。学び、学び、学ぶ努力を。

すれば人生は楽しみを、創る喜びを、決して自分を見捨てはしない。

そう、読了直後の今、以前のように安直に、これらの作品に立ち向うのが怖くなった。

どの場面も、どの人物も、面白い、魅力がある。そして、それを舞台上で生かすには、生きるには、豊かな演技力が必要。真摯な努力、弛まぬ精神、地道な稽古の積み重ねが必要。下手でもいい、正面から向き合って、当って砕けろ!それらの作品に今の私に出来る事。今の私の条件の中で、どうそれらを具体化していけるのか、はたして上演が可能なのか・・・。失敗を恐れずに正直に、全力でぶつかっていく事。

今、生きて、演劇人として生きて、生き続ける私。今、私はそれをどう具体化して行動すればよいのか。どう、舞台化するのか・・・。

難しい、しかし遣りがいのる宿題を突き付けられた。

そう、生きる事はチャレンジする事。

それが生きる楽しみなのだ。

猫の呟き

又、旅が始まりました

「吾輩は猫である」公演から八日。沢山のお客様に足を運んでいただき誠にありがとうございました。気持の整理も付き、坪内逍遙役「シェークスピア全集」を読み始めた。これで何度目だろう。(もしかして、これが最後かも)

「シェークスピア」には今まで何度も挑戦して来ました。最初は俳優学校卒業後入団した「青年劇場」の「十二夜」アントーニオの役。次は「真夏の夜の夢」のフルート役。それから「ロミオとジュリエット」のベンボーリオの役。ここまでは青年劇場時代。飛び飛びではあるが七年間ぐらいは舞台に立った。

その後は自分達で結成した劇団での「十二夜」サー・トービー・ベルチの役。ここからは全て台本作りも、演出も、私自身で。で、その時から坪内逍遙との関わりが始まりました。坪内逍遙訳の何に引かれたのか。そう、それは台詞(セリフ)が芝居の台詞として訳されているからです。

何を当り前の事をと言うかも知れませんが、これは芝居を実際に上演する者にとっては最も大切な事。理屈ではなく感性の問題なのです。

俳優学校で教えてもらい、今でも大切にしている事の一つに「台詞は歌い、歌は語れ」という基本があります。これは難しい。本当に難しい事です。でも、これは基本中の基本。これが出来てこそ、舞台は「文学」ではなく「芝居」になる。「坪内逍遙」訳はそれが土台になっている。そしてこの「台詞は歌い、歌は語れ」を土台に、「マクベス」「リア王」「十二夜」「ロミオとジュリエット」「コリオレーナス」「ハムレット」「ウィンザーの陽気な女房」の台本作りをし、演出、役創りをし、シェークスピアに挑戦し続けてきました。私はシェークスピアが好きです。大好きです。ならば、次は、そう「マクベス」を。

「一人語り」で題は「マクベス一代記」

じっくりと創り、楽しんで。その為にも坪内逍遙の面白さ、難しさを再度勉強し、それを生かし、役創り、演出の糧に。

さて、始まりました。舞台創りの旅が。無事、皆様方の前に立てるよう、体力、気力、創造力に気を付けながら、一日一日、一つ一つを楽しみながら旅を続けます。

乞御期待!

猫の呟き

巡り巡って言葉は自分の胸に

「リウマチ性多発筋痛症」に罹ってしまいました。痛くて、眠る事が出来ず、食欲もなく。一週間寝込んで四キログラム体重が減少。

服薬して痛みは無くなったが、一週間で四キログラム減少した身体がどうにもならない。朝の体操を以前の半分にしてトレーニングを始めたがまどろっこしくて、自分で自分の身体にイライライライラ。が、焦りは禁物。ゆっくりと、ゆっくりと。

そう、生きていると色々な事が出来(しゅったい)する。この状態から最高の舞台を生きる為には、さて、どうする。

以前、よく劇団員に言っていた事がある。「調子の良い時は、何もしなくても大丈夫。観客との間に、自然で最高な交流が出来ている。だらか、その流れに乗って余計な事はしない事。しかし、調子の悪い時、集中出来ない時、体調の良くない時、さあ、どうする。そういう時に、全力を振り絞って、舞台に立つ。そして『うん。まあいいか』ぐらいの評価を得る。いいね、調子の悪い時でも、来てよかったぐらいの評価を得る。それがプロ」

巡り巡ってその言葉が今自分の胸に。

そう、生は怖い。生は難しい。生は一筋縄ではいかない。だから生はすばらしい。生は輝いている。だから生に生きよう。

そう楽しもう。生きよう。今の自分の全てをかけて。

猫の呟き

程々に、でも興味を失わずに

公園でベンチに向かって芝居の稽古。と、その時、私のすぐ後ろで

「うつですか・・・」

「はっ・・・」

「鬱(うつ)ですか・・・」

「・・・いえ、鬱ではありません・・・実は芝居の稽古しておりまして・・・」

「は・・・」

「ええ、ですから、これは芝居の稽古・・・」

「・・・ああ、お芝居の・・・では鬱ではないんですね」

「はい・・・」

「・・・では失礼します・・・」

老婦人は、十分には納得しかねた顔で去っていった。

(ヒヤーッ!参った、参った。十分に注意をして、誰も居ないと思ったので始めたのだが、いや、参った、参った)外での稽古が好きなので、公園での稽古はしょっちゅうなのだが、今日は少し注意が足りなかった。もっと注意して。でないと(変な男が公園に)などと言われかねない。

稽古が大分、オーバーペースになっていたのか、あるいは体力がこの分量に追い付かなくなっていたのか、腰、尻、足にかけてのモーレツな痛み。「こんなに悪くして。もっと早く来なければ。若い、若いと思っていても年令は正直です」そう、その時、その時の状況の中で、いかに最大の創造を創りだすか。

人生の一つの曲り角を、また曲ったようだ。無理をせず、諦めず、消極的にならず、でも、もっと良い物を創りたいとの思いを失わず、毎日毎日を淡々と、しかも生きる事に興味を失わずに・・・。

それにしても、生きるって、何なのでしょう。

猫の呟き

反復がこんなにも・・・

反復がこんなにも気持がいいなんて。

五月公演予定の「吾輩は猫である」と来年公演予定の「マクベス一代記」

さらにレパートリーとして持っている「五重塔」、宮沢賢治作品八本、

「ういろう売り」を、計画に従って(多少は色を付けて)

毎日毎日、飽きもせずに、稽古、稽古、稽古。

今までの演劇人生で、自分自身の稽古の為に、こんなにも潤沢に、

時間、エネルギー、精神力を使った事は一度もなかった。

不可能だった。

それが今、可能に!

コロナ禍、年令、自分自身の心構え、人生プラン。

それら全てが組み合わさって今のこの状況を作り出している。可能にしている。

毎日の新しい試み!(ああでもない、こうでもない。

やっても、やっても、決して飽きる事のない毎日の稽古。

反復は、自分の可能性の鋤(すき)返し。

人生には、こうした幸せもあるのだなあ。

猫の呟き

演るなら、努力し続けろ

「マクベス一代記」どうやら覚えた。昨年、毎日毎日、嫌になる程テープを聞き続け(その為に筋は完全に自分のものになった)

正月早々、手書きで稽古用台本を作り(今になってみると、この作業で随分とセリフが自分のものになったようだ)

週半分は「吾輩は猫である」の稽古(今年五月公演予定の為の稽古)

そして後の半分は「マクベス一代記」の稽古(これは来年上演予定の為の稽古)。

よくも飽きずに毎日清水公園へ通ったものだ。

そう、この年になれば、若い頃とは全て違う。

二十代、三十代の頃はセリフを覚える苦労なんて実感が無かった。セリフは自然に(自分の感覚では)覚えられた。

それが六十代になり、七十代になり、まもなく八十才。

意識的に、しかもかなり努力しなければ、セリフは覚えられない。自分のものとはならない。

身体の衰えも脅威だが、記憶力の衰えも、毎回毎回、次は大丈夫なのだろうかと脅しをかけてくる。

創り続けるとは、その脅しとの対決、そして具体的、しかも今の状況下で、最上の方法を見付け、実践する行動力、持続力、意志の発露・・・。

やりますよ、これからも。ええ、だって、好きだから。創り続けたいから。それが一番うれしい時間の過し方だし、幸福だから。

マクベス、マクベス夫人、バンクォー、王、その他様々の人物をどう創り、どう話を進め、面白い舞台を創るか。

これらは全て「吾輩は猫である」が終ってからの事。

まずは第一期終了、土台作りは出来た。

猫の呟き

ああ・・・・・

二〇二一年も間も無く終り。月日の経つ事の何と速い事よ。

その月日の流れに竿差して、今年も又、創る事、創り続ける事に拘り続けた。でも何と溜め息を付く事の多くなった事よ。そう、演劇はライブ、生、観客との共同創作、それこそが命。何回何十回演じても、その都度事に、その日、その場所で、観客と創る。開演の合図と同時に創り始める、創り続ける。待ってはくれない。その為にはその為の準備、身体、声、気力等を、その瞬間に動き出せるように常日頃からの準備、鍛錬が必要。更にその準備、鍛錬の為の、毎日のトレーニング、土台作りが。

フウ・・・・・

今年は何とかやり続ける事が出来た。が、気が付けば満身創痍、どこも彼処も傷だらけ・・・。こんな状態だと来年は・・・

ああ!・・・・・

でもやりたいなら、創り続けたいなら、やらなくちゃ、

今年やった事を来年も・・・・・。

そう、誰が選んだのでもない。自分が決めた道なのだから。

猫の呟き

次と、その次と

先日「吾輩は猫である」の稽古をスタッフに観てもらった。具体的なアドバイスを貰い、今回の方針が明確になった。そして来年の五月十五日の公演に向けて、その方針に沿って・・・そう、後は稽古有るのみ。日曜日を除いて、一週間で全部が終るように計画を立てる。(勿論計画通りとはいかない事は固(もと)より承知)稽古していて感じるのは、驚く事は、兎に角、口の動きの鈍く、悪くなった事。しゃべる事も、色々の筋肉を使っての事。だから年を取ると衰えるのは理の当然。その結果、有る時間しゃべり続けると、疲れからか衰えからかアーティキレーションが悪くなってきて、自分の思っている通りに口が、舌が動かなくなる。(あーあ、年を取るとは、こういう現実を目の前に突き付けられる事なのだ。)ならば、舞台に立ちたいならば、やるっきゃない。稽古、稽古、も一つ稽古。とにかく稽古を通して、口、舌の筋肉を鍛えねば。能書きはその後で。俳優学校時の様に口をしっかりと開けて、はっきりと、はっきりと。面白いもので、稽古を重ねていくうちに、セリフが最後までハッキリと言えるようになる。稽古、稽古。(大谷君ありがとう。)

「吾輩は猫である」の次の「マクベス一代記」ようやく台本が出来上った。台本を作り、テープに吹き込み、台本を直し、又吹き込み。これを何度繰り返した事か。(自分のセリフを、こんなにも真剣に聞き続けたのは久し振りだ。)何とか一時間以内に納まった。さて、これをどう演技で面白くしていくか。まずはセリフを覚えて、それからじっくりと・・・

次と、その次と。それ以降は考えない。(でもやりたい作品は沢山有る。)一つ一つを大切に、「舞台上でさようなら」を言えるつもりで。人間、年と共に考えも、行動も変っていくものだ・・・まあ、当り前と言えば当り前の事。

猫の呟き

不意打に・・・

杜野木菟さんが亡くなった。突然、不意打に・・・。

私達の結婚式に来て下さった。(家内の保母学の同級生として。私には記憶にないが)

話はとーんと飛んで、「くすのき」結成後すぐ。

「くすのき」三人で作った宣伝物のあまりにも幼稚なのを見兼ねて

「あの、私こうゆうのに興味があるんです。お手伝いさせていただけませんか」

本当に控え目で、謙虚で、出しゃばらない女性。

それからずーっと、ずーっと亡くなる日まで、「くすのき」の宣伝物を創り続けて下さいました。(たまには小道具、衣裳等も)

私が木菟さんと初めて御一緒に仕事をしたのは、木菟さんが学童の仕事をしていた頃。子供達とワークショップを。木菟さんが公民館に移動してからは「くすのき」の公演を実現していただいたり、諸々の講座を。

 「公民館という、時間、金額の制約の中で色々とやってみましょう」と、面白い、実験的で、ドキドキする講座を企画してくれました。

ありがとう、私の創造意欲を燃え立たせ、励ましてくれました。

 「くすのきの学校公演を観てみたい」と千葉県の小学校まで来てくれて、仕込み、公演、片付けまでを・・・。

福島県喜多方市「喜多方発21世紀シアター」に「くすのき」が参加してから最後まで、一緒に参加して、宣伝、野菜、果物の差し入れ等々も・・・「そう、あれは『くすのき』の甲子園。あなたはその甲子園の大切な、無くてはならないマネージャー兼応援団・・・」

ありがとうございました。

あなたの見守りを心に、これからも一作品、一作品、全力で、楽しんで創り続けます。

・・・さようなら・・・

猫の呟き

以心伝心

久し振りの「教室」を体験した。講師は私、生徒は一人。「「教室」を受けてから、九年間で五回演出を受けた演出家に『変わったね!』と言われました。だから「今だ!」と思って。私一人ですがお願いします。」「分かった。やろう」

題材は、・・・・・そうだチェーホフの短編「ねむい」にしよう。ただちに台本を郵送し、読み込んでもらう。二週間後「お願いします」という事で「教室」を。

「ねむい」は地味な作品。十三才の少女が、父の死亡後生きる為に田舎から都会の靴職人の家へ子守りに。が、そこは、昼は家事、雑用に追い廻され、夜になると子守り。まとまって寝る時間も与えられない。もう眠くて、眠くてたまらない。とうとうある夜、赤ん坊を殺して、そのままぐっすりと・・・。

陰惨な物語、暗い、どうにもやり切れない物語である。しかし、チェーホフは、淡々と事実を、その少女の心的幻影を書いている。淡々と、淡々と、その淡々とした文章を通して杓子定規な、悲愴な告白よりも、重く、ずっしりとその少女の遣り場のない苦しみ、その少女をそういう生活へ追い遣る、社会の歪みが胸に迫ってくる。

「教室」は九時から十六時五十分まで。約一時間の昼休みを挿んでの真剣勝負。習う、教える、教わるとは・・・。そう、私はこう思う。

「自分の前に立ち塞がる壁を何としても乗り越えたい。その方法を自分のものにしたい。その為のヒント、アドバイスを。」

「そう望む人に対して何をすれば、どうアドバイスをすれば、相手は、その壁を乗り越える方法を、ヒントを、自分のものとして手に入れられるのか。進み始めるのか」

方法は色々有る、人それぞれに自分の合った方法が有る。今、目の前に居る「この人」にはどんなアドバイスが、方法が・・・。「ねむい」の淡々とした世界を創るには、どんなテクニック、アドバイスが・・・。

その両者の思い、願いが一つになった時、そこに何かが具体的な何かが生まれるのだと思う。

疲れた。・・・疲れました。が、気持のよい疲れだ。これからも、出来れば、やってみたい心地よい疲れだ。・・・創る事は、苦しく、そして楽しい。

このページの上部へ

プロフィール

演劇企画「くすのき」は1988年(昭和63年)に、大多和勇、あきなんし、高塩景子の三人で結成。語り芝居という表現方法で宮沢賢治、夏目漱石、説経節作品を上演。2015年7月東京都国立市に劇団事務所移転。代表高塩景子

サイト内検索