topimage.png

出窓 一覧

くすのき春の公演の宣伝物

  • 出窓
くすのき宣伝美術スタッフのPOTTIさんより、くすのき春の公演の宣伝物印刷依頼を終了したとの連絡が入りました。杜野木菟さんより引き継がれ、今はPOTTIさんが担当して下さっています。宣伝力が弱いくすのきにとって、なによりの力強いスタッフです。有難い。

脚本打ち直し

  • 出窓
宮沢賢治の語り芝居の脚本を打ち直しました。36年前の脚本は手書きだった。改めて時代の流れを感じます。これから製本するのですが、B5判だったのがA4判に。これは高塩の目の衰えに対応して、ですね。

雪かき

  • 出窓
年に1度か2度くらいですが、東京人の高塩でも雪かきをします。今朝はその、年に1度目。やはり汗をかきます。足裏が冷たくなりました。仕事に行く時には足裏防寒していきます。

シラバス

  • 出窓
今年もまた大学のシラバス作成の季節となりました。2つの大学のうち1つはシラバス完成しました。良かった良かった。

削除

  • 出窓
削除大好きオバサン(もう、オバアサン?)の高塩です。くすのきHPの去年分のブログの削除をしました。スッキリ。

重さ1KGの絵本

  • 出窓
絵本を2冊借りてきました。1冊の重さ1KGです。「子どもさんはどうやって見るんだろう」と、まず思いました。「やっぱり机の上に置くのかな。子どもさんから見ると、ものすごく大きな絵本なんだろうな」
もう1冊借りようかと思いましたが、さすがに重くて次回にしました。

スタッフに

  • 出窓
今日の国立市書簡集での流しの音読の稽古には、くすのきスタッフも来てくれました。「やっぱり、ラジオを聞くようにはならないね、ちゃんと聞いてしまいます」との感想をいただきました。そうだよな~と思いつつも、いつかラジオから流れる話のように読めたらと思います。精進、精進。

2月

  • 出窓
2月に入りました。大学の成績付けは終了。あとはシラバス作成、確定申告などPCとの格闘が待っています。どうかスムーズに事が進みますよう。

母の介護認定

  • 出窓
早いもので、あれから1年が経ち、介護認定結果の日となりました。前回と変わらず要支援2のままとなりました。ケア内容も変更なくいけそうです。

お参り

  • 出窓
地元の氏神さまに今年のご挨拶に行ってきました。交通安全のお守りも買ってきました。湧き水の池の鯉を見てきました。カメはいませんでした、残念。

このページの上部へ

プロフィール

演劇企画「くすのき」は1988年(昭和63年)に、大多和勇、あきなんし、高塩景子の三人で結成。語り芝居という表現方法で宮沢賢治、夏目漱石、説経節作品を上演。2015年7月東京都国立市に劇団事務所移転。代表高塩景子

サイト内検索