topimage.png

出窓 一覧

日暮れが早い

  • 出窓
この頃、夕方から夜になるのが早いと感じます。皆様はどう感じますか?「いつも八月の末ってこんなだったっけ?」と思います。年と共に目も薄くなってきたのだろうか。

涼しくなって

  • 出窓
最近、またチョコレートを食べるようになりました。暑い時はドロッドロに溶けてしまった時もありましたが、ここ何日かは常温でも大丈夫。涼しくなって口も寂しくなってきました。

新しい生活

  • 出窓
8月ももう少しで終わります。私としては旅公演が2つあり、充実した8月となりました。さて、9月からは埼玉県の大学の仕事が入る事により、今までの仕事の曜日の移動。さらに10月末にあるくすのき公演の準備も始まります。弟のお嫁さんの日本での一人暮らしも加わって何かと変化のある9月となりそうです。

音だけの花火

  • 出窓
どこでも3年ぶり!という言葉が聞こえてきます。最近、夜になると打ち上げ花火の音が聞こえます。残念なことに花火は見る事ができません。が、音は聞こえます。音だけ花火。

ニラ

  • 出窓
高塩家の庭にはニラが自生しています。今、つぼみをつけました。同じ自生しているみょうがは今年は不作。秋になったらまた出てくるのでしょうか。ニラの花が咲いたら写真を載せたいと思います。

降りそうで降らない

  • 出窓
今日は予報では昼頃雨だというので、カッパ持参で仕事に行きましたが、まだ雨が降りません。でも湿度も上がって降りそうな雰囲気です。先日はセリフ覚えに出かけ途中で図書館に寄ったちょいの間に、雨ザーザーになっていました。今日は外に出るのはもうあきらめて家で静かに読書しようかな。暑いけど。

大学2つ

  • 出窓
9月から山梨県立大学のほかに、埼玉県春日部市 私立共栄大学にゲスト講師として行く事になりました。「表現Ⅲ」という授業です。私は全部で5回。担当の先生は10回。初めての大学で、初めてお会いする先生と、初めての学生さんと一緒に取り組みます。60才を超えての新しい仕事、本当に有難いです。

といに蝉が!?

  • 出窓
高塩の部屋の窓から、となりの家の屋根が見えます。本を読んでいると、コンコンコンという音と蝉の鳴き声。どうやら、となりの家の屋根のといに蝉が落ち込んだ音らしい。でもそんなに深くないので蝉は飛んでいけるだろうと思うのですが、一向に音と蝉の鳴き声は続いています。見てみたのですが、姿は見えず。
前回、その屋根ではネズミを生け捕りにしたカラスを見ました。
高塩の部屋の窓から見えるとなりの屋根は、不思議な光景が発見できる場です。

処暑

  • 出窓
朝は涼しかったのですが、午後から暑さが戻ってきました。汗をかくかく。仕事からの帰り道、あっという間に日が暮れました。やっぱり秋に向かっているようです。

仕事に行けます

  • 出窓
昨夜は発熱もなく、今朝も体温は36.2度。腕の筋肉痛くらいなので仕事に行けます。よかったよかった。

このページの上部へ

プロフィール

演劇企画「くすのき」は1988年(昭和63年)に、大多和勇、あきなんし、高塩景子の三人で結成。語り芝居という表現方法で宮沢賢治、夏目漱石、説経節作品を上演。2015年7月東京都国立市に劇団事務所移転。代表高塩景子

サイト内検索